インテル、来週にも新型Itaniumプロセッサを発表へ

Michael Singer (CNET News.com) 2005年07月14日 18時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CNET News.comが入手した情報によると、Intelは来週、Itaniumプロセッサの新モデルを発表するが、これはシングルコアモデルとしては最後の製品になりそうだ。

 Intelの計画に詳しい情報筋の話では、同社は米国時間18日に64ビットチップ「Madison」(開発コード名)の2つのモデルを発表するという。2つのプロセッサはどちらも1.66GHzで動作し、キャッシュの容量はそれぞれ9MBと6MBとなる。また、日立製作所、富士通、Silicon Graphics Inc.(SGI)のようなメインフレームメーカーが同プロセッサを採用すると観られている。

 新製品の価格は現時点では明らかになっていない。Intelは現在、400MHzのFSBに対応した同程度のプロセッサについて、大量出荷時の価格を4227ドルに設定している。新製品のFSBは667MHzになる可能性がある。

 Intelの関係者は13日、未発表の製品についてはコメントできないとしたものの、次世代Itaniumプロセッサ「Montecito」(開発コード名)に向けた準備の一環として、新型Madisonリリースのための製造パートナーと共同で作業を進めていると述べた。デュアルコアを採用するMontecitoは、2005年末に登場することになっている。

 「これらの新製品は、Montecito登場前の最後の性能強化になる可能性が高い」と、半導体調査会社In-Statの主席アナリスト、Kevin Krewellは述べている。同氏によると、デュアルコアプロセッサはシングルコアチップよりも高速なバスを必要とすることから、18日に出る新型Itaniumがより高速なバスを備えることを考え合わせると、それがMontecitoにつながるものになると述べている。

 IntelやAdvanced Micro Devices(AMD)、IBMの各社はいづれも、製品ラインを今後数年間でデュアルコアに移行する計画を発表している。1つのシリコン片上に2つのプロセッサエンジンが搭載されるデュアルコアプロセッサは、チップメーカーがシングルコア製品の設計で直面している発熱や性能といった問題の一部を解決すると見られている。

 情報筋によると、Itaniumの新製品発表に呼応する形で、日立製作所は新型Itaniumプロセッサを搭載した次世代サーバを発表するという。同社は、3月に開催されたIntel Developer Forum(IDF)で同サーバのデモストレーションを行っていた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化