今後は正規ユーザー認証が必要に--マイクロソフト、「Microsoft Update」を提供開始

岩本有平(編集部) 2005年07月14日 23時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは7月14日、「Windows Update」の後継サービスとなる新しいアップデートサービス「Microsoft Update」を一般ユーザー向けに提供開始した。

 これまで同社の製品を更新する場合、Windowsは「Windows Update」、Officeは「Office Update」というように、製品単位で更新プログラムの提供サイトが分かれていた。しかし、今回提供を開始した「Microsoft Update」では、単一のウェブサイトでWindowsやOffice、SQL Serverなど複数のマイクロソフト製品について、更新プログラムを一括で利用できるようになった。

 同社はMicrosoft Updateについて、今後は「Windows Genuine Advantage プログラム(正規Windows 推奨プログラム)」による認証を行った正規ユーザーのみに提供すると発表している。プログラムの詳細や開始時期については現在未定だ。

 Windows UpdateやOffice UpdateからMicrosoft Updateへの切り替えは自動的には行われず、ユーザーが選択することで利用可能となる。

Microsoft Update

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから