サン電子など5社、「電子署名付きメール」送信で実証実験を開始

WebBCN (BCN) 2005年07月15日 11時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンダ製作所(恩田由紀社長)、共立コンピューターサービス(白木正克社長)、サン電子(若井富幸社長)、西日本電信電話・名古屋支店(NTT西日本、伊藤卓志支店長)、日本ベリサイン(橋本晃秀社長、CEO)の5社は、「電子署名付きメール」送信の実証実験を7月下旬より開始する。

 実験の目的は、メールサーバーホスティングサービスにおける電子署名付きメールの有用性や運用性、安全性を検証。さらに、データセンター、ホスティングデータセンター間の接続にフレッツ・グループのプライベートなネットワーク回線を使用したときの安全性の検証するもの。これにより、低価格で、利便性・安全性の高い電子署名付与サービスを利用企業に提供できるようになる。 実証実験の結果をふまえて、ASP型署名サービスの導入など順次サービスの拡大を検討する。

 実験では、日本ベリサインの署名用電子証明書「ベリサインセキュアメールID」、NTT西日本のプライベート・ネットワーク構築サービス「フレッツ・グループ」、およびサン電子の電子署名付加機能付きサーバー「SPIS-BOX SMS-100」を使用。共立コンピューターのホスティングデータセンターを経由してオンダ製作所から送信する電子メールが、本当にオンダ製作所が送信したメールであること、メールの内容が改ざんされていないことを受信者が確認できる「電子署名付きメール」を送信、フレッツ・グループを利用した電子署名サーバーの技術面、サービス面などの運用評価の検討を行う。

 実験の第1段階として、メールサーバーを設置する共立コンピューターホスティングデータセンターに電子署名サーバーを設置、メールサーバーホスティング形態での電子署名付与の有用性などを検証する。第2段階では、電子署名サーバーを設置したサン電子データセンターと、メールサーバーのみを設置した共立コンピューターホスティングデータセンター間をフレッツ・グループを利用したプライベートなネットワークで接続、電子署名付与におけるフレッツ・グループの有用性などを検証する。

共立コンピューターサービス

オンダ製作所

サン電子

西日本電信電話

日本ベリサイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR