インテルがFSB 667MHzのItanium 2を量産出荷

日川佳三(編集部) 2005年07月19日 17時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インテルは7月19日、FSB(Front Side Bus)の帯域を従来の400MHzから667MHzへと引き上げたSMP(対称型マルチプロセッシング)向けItanium 2の量産出荷を開始した。1000個受注時のロット単価は、内蔵L3キャッシュ容量9MバイトのItanuim 2が51万2050円、6Mバイトが24万1340円。

 128ビット幅のFSBを400MHzから667MHz動作に増やしたことで、CPUから他のCPUやメモリなどへのデータ転送速度(スループット)を6.4Gバイト/秒から10.6Gバイトに向上させた。SMP構成時や大容量データを扱う際のメモリ・アクセス時にシステム性能が高まる。

 同CPU搭載機の出荷予定は以下の通り。日立製作所は7月21日、ブレード・サーバ「BladeSymphony」のサーバ・モジュールを販売する。出荷時期は7月29日。価格は339万円(税抜)から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR