IBM、電子フォームソフトウェアメーカーを買収

Matt Hines (CNET News.com) 2005年07月20日 12時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間19日、電子フォームソフトウェアメーカーPureEdge Solutionsの買収について合意に達したと発表した。買収金額は公開されていない。

 IBMによると、今回の買収の目的は、PureEdgeの技術を自社のソフトウェア製品であるWorkplaceやLotusに組み入れることにあるという。PureEdgeの技術は、組織が企業データの取得と保存を効率的に行えるように設計されている。カナダのブリティッシュコロンビア州ビクトリアに拠点を置く株式非公開企業のPureEdgeを買収することで、IBMのコンテンツ管理ビジネスは、さらに拡大するだろうと同社では述べている。PureEdgeのソフトウェアを利用すると、顧客は効率的かつ標準化された手法で在庫や顧客、価格に関する情報を収集したり、配布したりできるようになる。PureEdgeは、保険、官公庁、銀行、医療業界向けのソフトウェア開発に力を入れている。

 IBMは、PureEdgeを選んだ主な理由として、PureEdgeの技術がXML(Extensible Markup Language)に基づいていることを挙げている。XMLを採用していることから、PureEdgeのソフトウェアは、幅広いアプリケーションとの連携が可能である。IBMは、PureEdgeのツールとWorkplaceの統合に早速取りかかると述べた。

 IBMの競合企業であるMicrosoftは6月、2006年発売予定の「Office 12」では、Excel、PowerPoint、WordのファイルフォーマットがXMLベースになると発表した。

 IBMの幹部によると、PureEdge買収により、電子フォームソフトウェアの技術が取り入れられるWorkplaceなどの製品を使う企業では、ビジネスプロセスの自動化を促進できるという。

 「電子フォームが、情報交換を行うための主要な形式の1つになりつつあることが、これまでのわれわれの経験から分かっている。これは、メッセージやドキュメントだけでなく、ビジネスプロセスを取り扱ううえでも有用な技術である」とIBMのゼネラルマネージャであるAmbuj Goyalは、電話会議で述べた。「われわれは、IBMの全製品ラインに電子フォーム技術を組み入れるため、今回の買収を行った。これこそ、われわれが取り組みたいと思っていることの1つだ」(Goyal)

 Goyalによると、買収は7月22日に完了する予定だという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化