日本HP、ITシステムの構成管理を自動化する3製品を発売

ニューズフロント 2005年07月20日 15時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は7月20日、ITシステム構成管理に向けた3製品の販売を開始した。ソフト配信などを行う「HP OpenView Application Manager using Radia」および「同Software Manager using Radia」と、サーバ/PCの管理用の「同Inventory Manager using Radia」を提供する。

 HP OpenViewブランドの構成管理ソリューションは、数1000〜数万台規模の機器を一括管理できる拡張性を備えるという。自動化でITスタッフを効率化し、管理コストを削減するとともに、手作業によるミスから生じるシステムダウンも回避できる。ソフトをクライアントPCに配布するだけでなく、ユーザーの異動やサーバ用ソフトのリプレースなどで不要となったソフトを削除する機能も持っている。

 3製品の概要は以下の通り。

  • HP OpenView Application Manager using Radia:管理者側から、サーバやクライアントPCにソフトをプッシュ方式で自動インストールする。インストールする内容は、グループや部門ごとに設定できる。1台当たりの税込み価格は、PC用が8085円から、サーバ用が5万4600円から
  • HP OpenView Software Manager using Radia:ユーザーの要望に応じ、プル方式でソフトやコンテンツを提供する。1台当たりの税込み価格は、PC用が8085円から、サーバ用が5万4600円から
  • HP OpenView Inventory Manager using Radia:管理対象のサーバおよびクライアントPCの構成情報を収集する。集めた情報は、データベースに出力できるほか、レポートも作れる。1台当たりの税込み価格は、PC用が5670円から、サーバ用が5万4600円から

日本ヒューレット・パッカードのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR