レノボ・ジャパン、PC向けセキュリティ対策ソフトとバックアップ・復旧ソフトの最新版開発を表明

エースラッシュ 2005年07月20日 22時31分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レノボ・ジャパンは7月20日、PC向けのセキュリティ対策ソフト「ThinkVantage Client Security Solution(CSS)」と、バックアップ・復旧ソフト「ThinkVantage Rescue and Recovery(R&R)」の最新版の開発意向を表明した。

 CSSはユーザー認証やデータの保護を行うセキュリティ対策ソフト。最新版CSS 6.0では、独Utimaco Safewareが開発した暗号ソフト「Utimaco SafeGuard PrivateDisk」を採用。パスワードのリカバリー機能やセキュリティ設定の確認機能が搭載されている。

 現在提供されているCSS 5.4は、暗号処理機能などを担う特殊な半導体「セキュリティー・チップ」を搭載したPCが前提となっている。だが、今回のCSS 6.0では、セキュリティー・チップ非搭載のThinkPadとThinkCentreでも導入ができる。これにより、セキュリティー・チップ搭載PCと非搭載PCが混在する状況でも、ユーザーは違いを意識することなく使えるようになる。

 R&Rを使えば、アプリケーションや基本ソフト(OS)に障害が起きたり、ウイルス感染によってOSが起動できなくなった場合でも、暫定的にPC作業を継続できる。最新版のR&R 3.0では、従来機能に加えてCSSとの連携が強化される予定だ。

 R&R 3.0に新しく搭載される機能「シングル・インスタンス・ストレージ」は、PCのバックアップ・データが更新される際に、特定のファイルだけ最新データのみを保存するように指定できる。これにより、バックアップ・データの増加でハードディスクの空き容量を圧迫することはなくなる。

 またR&R 3.0では、環境移行用ソフトウェア「System Migration Assistant(SMA)」との連携を強化する。SMAを使うことで、障害PCからデータを抽出して、別のPCにデータを載せ変えることができる。

 これらのソフトウェアは8月下旬にダウンロードを開始予定。ThinkPadやThinkCentreなど同社製PCを利用しているユーザーは、同社のウェブサイトから無償でダウンロードできる。

レノボ・ジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
データドリブンな経営
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
林雅之「スマートマシン時代」
デジタルバリューシフト
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
モバイルファーストは不可逆
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ベネッセ情報漏えい
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
OS
XP後のコンピュータ
スペシャル
より賢く活用するためのOSS最新動向
HPE Discover
Oracle OpenWorld
AWS re:Invent 2015 Report
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
マーケティングオートメーション
AWS re:Invent 2014
Teradata 2014 PARTNERS
Dreamforce 2014
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
VMworld 2014
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化
NSAデータ収集問題