SonicWALL、小規模向けセキュリティ・スイッチング・プラットフォーム

WebBCN (BCN) 2005年07月22日 11時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニックウォールは、24ポートの小規模向けトータル・セキュリティ・スイッチング・プラットフォーム「SonicWALL PRO 1260 Enhanced」を8月1日に発売する。価格(税別)は、初年度保守費用含みで43万円。

 同製品は、インターフェースごとにゾーンを割り当て、カスタマイズ可能なSonicWALLaPortShieldアーキテクチャを採用したSonicOS 3.1 Enhancedオペレーティングシステムを搭載する。これにより24個のポートに対して、個別にきめ細かなセキュリティポリシーを設定することが可能だ。また、各ポートでのバーチャル・ファイアウォール機能を利用すれば、外部からの攻撃だけでなく、LAN内部のセキュリティ強化も実現できる。

 オプションでゲートウェイアンチウィルスやアンチスパイウェア、IPS(侵入検知・防御)、アンチスパム、コンテンツフィルタリングなどの機能も利用可能。また、VLANアーキテクチャなどの複雑なネットワークを構築せずにインターネットやルータなど他のデバイスを経由する攻撃から各ポートを保護できる。Webインターフェースや設定・管理ウィザードの採用で、操作性に優れるのも特徴。スイッチング機能と個別のファイアウォール機能を1台で実現できるので、コストパフォーマンスも高い。

ソニックウォール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!