X11を圧縮して低帯域化するプロトコル変換プロキシ--マクニカがC/S型で動作するX端末ソフトを出荷

日川佳三(編集部) 2005年07月22日 16時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクニカネットワークスは7月28日、クライアント・サーバ型で動作することによりX11よりも軽い独自プロトコルを使って画面を描画するX端末ソフト「Exceed onDemand 5J」を出荷する。開発会社は加Hummingbird。価格は5ユーザーで34万円(税抜)から。

 Exceed onDemandは、LinuxなどUNIX系OSで標準的に使われるGUIアプリケーション機構であるX-Window Systemを使うための端末ソフトである。UNIX機上で動作するアプリケーション(Xクライアント)を、遠隔地のX端末ソフト(Xサーバ・ソフト)から利用する。X端末ソフトとアプリケーション間はX11と呼ぶプロトコルを用いて通信し、X端末上に画面のグラフィックスを描画する。

 Exceed onDemandの最大の特徴は、X端末機能をクライアント・サーバ型システムとして分離した点である。Exceed onDemandのサーバは、UNIX機から見てX端末に相当、UNIX機との間でX11で通信する。一方、Exceed onDemandのクライアントはWindows上でX端末画面を実現するフロントエンドであり、Exceed onDemandのサーバとの間で、X11を圧縮した独自プロトコル「Thin X Protocol」で通信する。つまり、UNIX機とWindows機の間でのX11のやり取りを中継するプロトコル変換プロキシと言える。

 Exceed onDemandのサーバとクライアント間の通信に使うThin X Protocolは、X11を圧縮したものである。独自プロトコルに必要なネットワーク帯域は「一般的な業務であれば64kビット/秒程度あれば十分」(マクニカネットワークス)である。X11を直接利用する場合と比べ、必要な帯域を「最大で100分の1に減らせる」(同社)。

 ネットワーク帯域を削減する方法には、X11プロトコルの圧縮といった方法の他に、ICAやRDP、Sun Rayなど画面情報端末のアプローチもある。この点についてマクニカネットワークスは、「CADなどのエンジニアリング用途では、X11の描画命令をそのままの形で使えるメリットは大きい」とThin X Protocolの意義を説明する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化