バーテックス リンク、個人情報ファイル検出ツール「すみずみ君」を販売

WebBCN (BCN) 2005年07月25日 11時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バーテックス リンク(関塚聖一社長)は、統合情報漏えい対策ソリューシ ョンの拡充策として、三菱スペース・ソフトウエア(MSS、三宅道昭社長)とMSS社製個人情報ファイル検出ソリューション「すみずみ君」「すみずみ君SV」 について販売特約店契約を締結し、両製品を販売開始した。

 「すみずみ君」は、PCのハードディスクのなかから個人名や電話番号、メー ルアドレスなど個人の特定につながる情報を含んだ文書ファイルを高速に検出 するクライアントソフト。「すみずみ君SV」は、その管理サーバー用ソフトで、 クライアントPCの検出条件の設定や検出結果の強制アップロードを行い、社内 の個人情報を検出・集中管理する。

 これらの主な特徴は、(1)個人情報(名簿)検出アルゴリズム搭載、(2)主要 なアプリケーション形式に対応、(3)簡単な操作性、(4)検査条件、検査結果の 集中管理が可能、(5)統一した検査条件での運用――など。

 価格(税別)は、1年間の保守費込みで「すみずみ君」が最低出荷単位50ラ イセンスで15万円、「すみずみ君SV」が30万円。次年度以降はどちらも5万円。 システムインテグレーター、セキュリティコンサルティング会社などの同社パー トナーを通じて、初年度10万ライセンスの販売を目指す。

バーテックス リンク
三菱スペース・ソフトウエア
「すみずみ君」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR