CEC、ITILに準拠したマネジメントツールの販売と運用サービスを開始

WebBCN (BCN) 2005年07月26日 11時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シーイーシー(CEC、新野和幸社長)は、ITサービス運用管理のガイドラインである「ITIL」に準拠したマネジメントツール「Sostenuto(ソステヌート) ITSM」の販売と、同ツールを利用したマネジメントサービスを8月1日から開始する。売上高は2007年度までに10億円を見込んでいる。

 「ソステヌート ITSM」は、個別に設計が必要だったインシデント管理、変更管理、サービスレベル管理などの機能をITILに準拠した標準機能として提供する。このことで、ITILを短期に導入、コスト削減が図れるという。

 「ソステヌート ITSM」は、サンライズソフトウェアが開発。日本市場では、エージーテックが国内総販売代理店として販売展開していた。

シーイーシー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR