シスコとISS、ISOのハッキングをデモした研究者を訴える

Joris Evers(CNET News.com) 2005年07月28日 12時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ラスベガス発-- Cisco Systemsは、あるセキュリティ研究家がこれ以上同社のルータ用ソフトウェアをハッキングしないようにするための法的な措置を講じた。

 米国時間27日に、CiscoとInternet Security Systems(ISS)は共同で、Michael Lynnおよび「Black Hat」セキュリティカンファレンスの主催者に対して一時差し止め命令を求める訴えを起こした。この動きは、Lynnがあるプレゼンテーションのなかで、Ciscoのルーターを乗っ取る方法をデモしたことを受けたもの。Lynnによると、この問題によりインターネットが麻痺する可能性があるという。

 カリフォルニア州北部地区連邦地裁に提出されたこの訴状のなかで、両社は「LynnとBlack Hatに、CiscoとISSに帰属するプロプライエタリな情報をこれ以上公開させない」ようにすることを同裁判所に求めていると、Cisco広報担当のJohn Nohは述べている。

 「われわれは、Lynnが今朝Black Hatで明らかにした情報は違法に入手されたものであり、われわれの知的所有権を侵害していると考えている」とNohは付け加えた。

 Lynnは、自分の研究のためにCiscoのソフトウェアを逆コンパイルしたが、この行為が同社の権利侵害にあたるとNohは述べた。

 CiscoとISSは、Lynnが同日午後に当地で開催中の「Black Hat」セキュリティカンファレンスで講演を行ってから何時間も経たないうちに、この訴えを起こした。ISSで研究者として働いていたMichael Lynnは、その職を投げ打って、同社が中止を決定したプレゼンテーションを行うことにしたと、この講演に集まった聴衆に語った。『The Holy Grail: Cisco IOS Shellcode and Remote Execution(聖杯:Cisco IOSのシェルコードとリモートからの実行)』と題するこの講演は、同会議の膨大な議事録からは削除され、空白のままになっていた。

 Lynnはこの講演のなかで、CiscoのIOS(Internetwork Operating System)に存在するセキュリティ上の既知の脆弱性を突いた攻撃コードの実行方法についての概要を説明した。IOSは、インターネットのインフラを構成しているCisco製ルータ上で動作するソフトウェアで、IOSに対して広範な攻撃を展開した場合、インターネットを麻痺させることが可能になるとLynnは説明した。

 Lynnが攻撃に利用した脆弱性そのものは、以前にCiscoに報告されていたもので、最新のIOSではすでに修正されていると、Black Hatに参加した専門家は語った。

 Lynnが所属していたISSの研究チームは、このプレゼンテーションの中止を米国時間25日に決定していたと、ISSの最高技術責任者(CTO)、Chris Roulandは述べ、その理由として「準備不足」を挙げている。Lynnは27日午前にISSを辞め、このプレゼンテーションを強行したとRoulandは付け加えた。

 なお、この講演の中止を希望したのは、ISSでもLynnでもなく、Ciscoだったと、Black Hatに近い情報筋は述べている。この情報筋の話では、Lynnは、プレゼンテーションの内容をVoIPセキュリティに関するものに変更することを迫られていたという。

 しかし、ISSのRoulandは「VoIPに関するプレゼンテーションなど存在しない」とし、27日の講演は完全に中止する予定だったと述べた。

 「この研究は非常に重要で、またその基礎となる作業も重要だ、しかし、われわれとしては、Ciscoと共同で影響の大きさを見極める必要がある」(Rouland)

 この件に関するCiscoからのコメントは得られていない。同社は過去にIOSで発見された複数の脆弱性を修正するパッチを公開している。2004年、CiscoはIOSのソースコードの一部が盗まれたことを明らかにし、セキュリティ上のバグが多く発見されることに懸念を表していた。

 27日のデモでは、インターネット越しのリモート攻撃ではなく、直接接続したルータに攻撃を加える様子が示された。「自らの使うルータを停止させることはできるがリモートにあるものはできない」(Rouland)

 Lynnのプレゼンテーションを目にしたある参加者は、これに感銘を受けたという。「こんなことはまだできないとたくさんの人がいっているが、彼は実際にあの場でそれをやってみせた」とあるセキュリティ研究家のDarryl Taylorは言う。

 ISSは現在Lynnに対する法的措置の検討を進めているとRoulandは語った。

 Lynnはプレゼンテーションの終了後に、参加者の前で自分の経歴書を取り出し、現在求職中であることを明らかにした。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化