アリエル・ネットワーク、P2Pグループウェアの管理や制御が容易になるサービスを顧客に提供

藤本京子(編集部) 2005年07月28日 19時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アリエル・ネットワークは7月28日、同社が提供するPtoP型の情報共有ソフト2製品「アリエル・プロジェクトA」および「アリエル・マルチスケジューラ」の顧客を対象に、両製品の管理や制御を容易にするサービス「アリエル・管理サービス」をASPとして提供開始すると発表した。

 アリエル・プロジェクトAは、PtoP型のプロジェクト管理ソフトウェアで、アリエル・マルチスケジューラは、プロジェクトAと互換性のある無料のスケジュール管理ソフトウェアだ。これまでこれらのソフトウェアにおいて、システム管理者が詳細な管理設定を行うことはできなかったが、アリエル・管理サービスでは管理設定画面をASPで提供することになる。プロジェクトAの契約者や、マルチスケジューラの有料サポートサービス契約者であれば、追加料金なしで管理サービスを利用できる。

 管理サービスを利用すれば、サーバなしで手軽に情報共有できるというPtoPの特徴を生かしつつ、プロジェクトAやマルチスケジューラにおける利用者権限の制限や管理が簡単にできるようになる。同サービスで利用可能となる主な機能は、以下の通りだ。

  • 利用状況確認機能
    管理対象となるユーザーが利用しているバージョンやライセンスキーなどの情報が確認できる
  • ルームメンバー制限機能
    管理対象ユーザーと管理対象外ユーザーとの情報共有を制限できる
  • ルーム作成制限機能
    ユーザーごとに、情報共有できる場所(ルーム)の作成許可を与えたり、ルーム作成に制限をつけたりできる
  • 社内限定通信機能
    管理対象ユーザーが社外と通信できないよう制限できる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR