AMD、チップを最大34.5%値下げ

Michael Kanellos (CNET News.com) 2005年08月02日 14時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Advanced Micro Devices(AMD)は米国時間1日、新学期シーズンに向けた需要に備え、幅広いプロセッサ製品の値下げを行った。

 今回の値下げの対象となった製品には、サーバ用「Opteron」、ノートPC用「Turion」と「Sempron」、シングルおよびデュアルコア版「Athlon」、そして、低価格「Sempron」の製品ラインが含まれる。値下げ率は、Athlon 64 X2の10%(1001ドルから902ドルへの値下げ)から、Opteron 152の34.5%(637ドルから417ドルへの値下げ)までに渡る。Athlon 64 400+の価格は482ドルから375ドルまで下がり、Turion 64 ML-40の価格は525ドルから354ドルまで下がっている。

 新しい価格は、AMDのウェブサイトに掲載されている。

 またIntelは同日、モバイル用プロセッサ等を値下げした。

 ライバル企業同士である両社は、これまで多くの場合、同じ日に値下げを実施してきた。数年前まで、AMDにとって価格設定は簡単な作業だった。AMDの元社員らによれば、同社では、Intelの新しい価格表を入手して、そこに書かれた価格から25%割引いた価格を自社製品に付けるだけでよかったという。

 しかし製品ラインの複雑化に伴い、価格変更は、どちらの企業にとっても、難しい作業となっている。例えば6年前、AMDでは数種類のチップしか積極的に販売していなかった。ところが現行の価格表には、93種類の異なるチップが掲載されている。Intelでも同様に、モデル数が爆発的に増大している。

 またAMDでは第2四半期におけるサーバ用チップの市場シェアが11.2%を記録した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR