日本オラクル、Java統合開発環境「Oracle JDeveloper 10g」を無償提供へ

ニューズフロント 2005年08月02日 15時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルは8月2日、Java統合開発環境の新版「Oracle JDeveloper 10g」の無償ダウンロード提供を10月3日に開始すると発表した。現行のOracle JDeveloper 10gは、ソースネクストが税込み価格1980円で販売している。

 「より幅広い開発者層に対する最大限の支援と、急速に広まりつつあるサービス指向アーキテクチャ(SOA)の推進を目的として、Oracle JDeveloper 10gを無償ダウンロード提供する」(日本オラクル)

 同社は、無償ダウンロード製品に対しても年額2万7368円で有償サポート契約をオプション提供する。また、使用期間を1年間に制限していた「Oracle JDeveloper 10g 1Year Limited」についても、使用期間の制限をなくし、同様の有償サポートを選択できるようにする。

日本オラクル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR