トライコーン、多目的データベース「マルチフォーム」をバージョンアップ

エースラッシュ 2005年08月02日 17時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トライコーンは8月2日、多目的データベース「マルチフォーム」のバージョンアップを行った。

 マルチフォームは同社のメール配信ASP「アウトバーン」のオプションとして提供している多目的データベース。画面に表示された項目に従って数値を入力するだけで、アンケートや資料請求といった登録画面を自動生成してくれる多目的データベースだ。作成された画面のURLを自社サイトからリンクすることで、簡単にデータベースを稼働させられるのが特徴となっている。

 今回のバージョンアップで登録画面のデザイン性を高める「画面デザイン」機能が追加された。HTMLについての高度な知識がないユーザーでも、簡単な設定で柔軟かつ高度なデザイン性をもった画面が作成できるようになった。

 また、アウトバーンのパスワードについて、従来の英数文字だけでなく、記号の使用や入力文字数の設定などを可能にしてセキュリティを高めた。

トライコーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR