NTT-AT、NTT製オープンソースLMSのサポートサービスを提供開始

エースラッシュ 2005年08月03日 18時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTアドバンステクノロジは8月3日、NTTが開発したオープンソース版のLMS(eラーニングの中核を成すプログラム)である「Opensource LMS」のサポートサービス「Opensource LMSの総合サポートサービス」を、8月10日より提供開始すると発表した。

 同サービスはNTTが2004年9月に「NTTオープンライセンス」により公開したオープンソースLMS(eラーニングの中核を成すプログラム)の「Opensource LMS」に総合的なサポートを実施するもの。

 今回提供されるのは以下のサポートサービス

  • Opensource LMSサポートサービス:
    Opensource LMSのインストールを実施する「インストールサービス」。税別25万円から
    実習を交えた運用や管理の講習を実施する「運用講習サービス」。税別30万円から
    IT技術者向けのサポートサービス「スタンダードE-mailサービス」。年額税別40万円から
    顧客環境に基づいたサポートサービス「アドバンスE-mailサービス」。年額税別80万円から
  • Opensource LMS構築・運用コンサルティングサービス:
    Opensource LMSを使った大規模なeラーニングシステムの構築や運用に関するコンサルティング。価格は規模により相談
  • Opensource LMS プロフェッショナルサービス:
    pensource LMSプログラムのカスタマイズ、機能拡張のためのプログラム開発を実施。価格は規模により相談

NTTアドバンステクノロジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!