日本ユニシスなど、ユビキタスプラットフォームサービスの実証実験を開始

エースラッシュ 2005年08月08日 18時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ユニシス、アッカ・ネットワークス(以下、アッカ)、日本BEAシステムズ(以下、日本BEA)の3社は8月8日、共同で「ユビキタスプラットフォームサービス」の検証を8月10日から開始すると発表した。

「ユビキタスプラットフォームサービス」は、アッカのADSLネットワーク「ACCA Solution Platform」、日本ユニシスの「Information Wharf」を核に各種要件対応の共通機能を実装する「基盤システム」、「基盤システム」の機能と日本BEAのシステム基盤「BEA WebLogic Platform」によりRFIDタグなどのデバイスからデータを活用可能な「ネットワークアプリケーションシステム」で構成されている。今回は「ネットワークアプリケーションシステム」の第1弾として、「RFIDタグを用いたオフィス用アプリケーションサービス」についての適用モデルの検討が行われる。

 実際の検証内容は、RFIDタグによる入退室管理や監視カメラなどを利用したセキュリティーの実現の可能性、個人IDデータと監視システム/IP電話/グループウェアなどオフィスに必要なアプリケーションを連携した高付加価値なオフィス用アプリケーションサービス提供の可能性だ。さらに、3社では「BEA WebLogic Platform」上で動作する「BEA RFIDアクセラレータキット」を活用することで、RFIDデータを利用し配送工程を可視化する「ネットワークアプリケーションシステム」の検証も計画している。

 今後、本実証実験を終了後の2006年4月から日本ユニシスと日本BEAは商用システムの開発と技術サポートを担当、アッカは提供元として商用サービスを本格展開する予定。さらに3社共通で、実験サービスのマーケティング活動と販売活動の実施を行う。目標としては、さまざまな業界を対象に3年間で30社へのサービス提供を目指すという。

日本ユニシス

アッカ・ネットワークス

日本BEAシステムズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR