IBM、Apache Geronimoプロジェクトの支援を表明へ

Martin LaMonica (CNET News.com) 2005年08月09日 19時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMが、オープンソースのJavaアプリケーションサーバを開発するApache Geronimoプロジェクトの支援を行うことになった。IBMは同社のGluecode製品のベースとなっているApache Geronimoをサポートするほか、同プロジェクトにプログラムコードを提供していくという。

 同社は米国時間9日に、サンフランシスコで開催中のLinuxWorld Conference and Expoで、Geronimoのサポートサービスを提供し始めることや、同プロジェクトにグラフィカルな管理ツールを寄贈することを発表する。アプリケーションサーバとは、ウェブサイトのような、Javaで書かれたアプリケーションを稼働させるソフトウェアのこと。

 IBMはGeronimoを支援することで、このソフトウェアにいっそうのお墨付きを与えたい考えだ。Geronimoは現在、Java標準への完全準拠に関する認定プロセスの途中にある。同ソフトウェアは、いまのところ、主にJava開発者や限られた数の企業顧客によって使用されている。

 IBMは、Geronimoを広く普及させることで、自社でも大きな利益を得られる立場にある。同社が5月にGluecodeを買収したが、この新興企業では、Geronimoアプリケーションサーバをベースにした製品を開発しており、同ソフトウェアとともにインストールや稼働を容易にするための管理ツールを提供している。

 IBM Software GroupのGluecode Transition担当幹部、Scott Cosbyは、「ただの慈善事業として投資を行うつもりはない。このようなタイプのサポートを提供するビジネスチャンスが実際に存在すると考えている」と述べている。

 同社が提供するサービス「IBM Support for Apache Geronimo」には2種類のメニューが用意されるが、このなかには技術スタッフによる電話サポートや12時間以内に対応するサービスが含まれるものもある。

 ApacheがIBMから提供を受けた「Gluecode Management Console」はアプリケーションサーバの設定/監視用のグラフィカルなツールで、IBMでは引き続き、Apacheのこのプロジェクトに開発したコードを無償提供していくとCrosbyは説明した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化