日本オラクルと協和エクシオ、SOA対応ビジネスプロセス分野で協業

ニューズフロント 2005年08月09日 16時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルと協和エクシオは8月9日、サービス指向アーキテクチャ(SOA)対応のミドルウェア基盤「Oracle Fusion Middleware」を中核に据えたビジネスプロセス分野で協業すると発表した。

 これにより、協和エクシオ内にデモンストレーションや製品紹介が行える施設「Oracle Fusion Middleware Center」を設け、拡販活動を展開する。システムの導入に伴うコンサルティング、設計、開発、導入、システム保守、運用サービスまで一貫したサービスも提供していく。

 両社は、ミドルウェアとしてOracle Fusion Middlewareを採用し、ビジネスプロセス処理言語であるBusiness Process Execution Language(BPEL)に対応したプロセスモデリング/ワークフロー自動化ソフト「Oracle BPEL Process Manager」の販売やシステム構築を共同で実施する。

 また、協和エクシオは、日本オラクルのSOA関連製品をベースに「移行ソリューション」や「システム連携ソリューション」といった既存ソリューションを組み合わせ、ビジネスプロセス管理(BPM)ソリューションとして提案する計画だ。

 両社は、初年度に約20社のOracle BPEL Process Manager導入企業獲得を目指す。

日本オラクル

協和エクシオ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR