IEの脆弱性でマシン乗っ取りのおそれ--MS、月例パッチで対応

Joris Evers(CNET News.com) 2005年08月10日 10時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間9日、Windowsにみつかった複数のセキュリティ脆弱性に関する勧告を公表した。これらの脆弱性のなかには、攻撃者によるコンピュータの乗っ取りに使われるおそれがあるものも含まれている。

 Microsoftは8月の月例パッチリリースの一環として、6つのセキュリティパッチを公開した。このうちの3つは「緊急」レベルの脆弱性に対応するもの。同社では、ユーザーが何も操作しなくても、悪質なインターネットワームの感染につながるおそれのある脆弱性を「緊急」に分類している。

 今回リリースされたパッチのうち、1つは同社のウェブブラウザ「Internet Explorer(IE)」にある3つの欠陥に対応するものだが、Symantec Security Responseのシニアマネジャー、Oliver Friedrichsによると、Microsoftが9日にパッチを公開した問題のなかでも、ユーザーにとってはこれら3つの脆弱性が最も危険だという。また、Windowsのプラグ&プレイ機能とプリント機能に影響する2つの脆弱性も問題を引き起こす可能性があると同氏は説明している。

 Symantecによると、IEのJPEG画像処理に関する問題は、特に警戒を要するという。MicrosoftはMS05-038セキュリティ情報のなかで、ユーザーがだまされて、攻撃者が用意した悪質な画像を含むウェブサイトやHTML形式の電子メールなどを開いた場合、そのPCを乗っ取られてしまうおそれがあるとしている。

 「悪質なウェブサイトがこれらの脆弱性を利用し、スパイウェア、トロイの木馬、ボットなど、各種のプログラムを無警戒なユーザーのマシンにインストールする可能性がある」(Friedrichs)

 IEのなかに存在する他の2つの脆弱性も、攻撃者によるコンピュータの乗っ取りにつながるおそれがある。その1つは、IEからファイルフォルダ内部を見られるようにする機能に関連したURLの処理方法に関するもので、もう1つは、IEがWindowsのほかの部分を呼び出す機能に関するもので、こちらは先月パッチが公開された問題と似通っている。

 IEの問題は、現在サポートされている同ブラウザとWindowsの全バージョンに影響するが、ほかの2つの「緊急」な脆弱性は影響範囲が限られており、Microsoftの新しいOS製品にはあまり影響しない。

 Microsoftは、セキュリティ情報MS05-039のなかで、Windowsのプラグ&プレイ機能にある脆弱性について、攻撃者がこれを悪用した場合、Windows 2000システムにリモートから匿名でアクセスし、これを乗っ取れることが可能だとしている。ただし、Service Pack 2を適用したWindows XPやWindows Server 2003が動作するコンピュータでは、このような攻撃は不可能だと同社は述べている。

 また、Windowsの印刷スプーラサービスにある脆弱性が悪用されると、Windows 2000およびWindows XP SP1が動作するマシンに、不正にアクセスできてしまう。ただし、Windows XP SP2とWindows Server 2003が動くシステムの場合は、この攻撃を仕掛けられても、マシンがクラッシュするだけだという(同社のセキュリティ情報MS05-043)。

 一方、テレフォニー サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される問題については、Microsoftの現行OSすべてが影響を被ると、同社はセキュリティ情報MS05-040のなかで述べている。同社はこの脆弱性を「重要」に分類している。この問題が主に影響するのは、テレフォニー用サーバとして設定されているサーバ類で、攻撃者は特別に用意したリクエストを送りつけることでこのようなシステムを乗っ取ることが可能になるという。

 残り2つの脆弱性はともに「警告」レベルのものだ。その1つは、リモート デスクトップ プロトコル(RDP)の脆弱性により、サービス拒否が起こるという問題で、以前から存在が把握されていたもの。また、もう1つのほうは、Kerberos認証プロトコールの脆弱性により、サービス拒否、情報の漏えいおよびなりすましが行われる、というものだという。

 RDPは、Windowsシステムへリモートからアクセスするユーザーが利用するプロトコールだが、Windowsがアクセス許可を求めるリクエストを処理する方法に問題があるため、攻撃者にシステムをクラッシュさせられてしまう可能性がある(同社のセキュリティ情報MS05-041)。なお、この問題が影響するのは、Windows 2000およびドメインコントローラとして使われているWindows Server 2003搭載システムに限られる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化