NTTレゾナントとNTT東西、IPビジネスホンで連携、登録番号に自動発信機能も

WebBCN (BCN) 2005年08月10日 11時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTレゾナント(資宗克行社長)、NTT東日本(高部豊彦社長)、NTT西日本(森下俊三社長)は、NTTレゾナントがインターネットポータルサイト「goo」で提供中のASP型グループウェア「ビジネスgoo」と、NTT東西のIP対応ビジネスホン「Netcommunity SYSTEM X7000」との機能連携を開始した。ASP型グループウェアがIP対応ビジネスホンと機能連携を図るのは、国内初の取り組み。

 今回の連携によって、「ビジネスgoo」の「名刺管理」の欄にユーザーがあらかじめ登録した電話番号をクリックすると、自動的に発信し、受話器を上げるとすぐに通話できるようになる。「名刺管理」の欄には全社共通の連絡先も登録できるため、情報共有による業務効率の向上を図ることができる。また、「伝言メモ」機能を利用することで、他のスタッフが書き込んだ電話番号情報からも、ワンクリックで電話発信することが可能。

 なお、10月中をめどに、「ビジネスgoo」の対応機器を、NTT東西が販売中のIP対応ビジネスホン「Netcommunity SYSTEM αGX typeL」にも拡大する予定。さらに、固定通信とモバイル通信を融合させる「FMC(Fixed-Mobile Convergence)」への対応も積極的に進め、NTTドコモのFOMA/無線LANデュアル端末「N900iL」にも対応する予定で、社内外問わず、グループウェアを利用したビジネスの効率化を支援していく。

NTTレゾナント

NTT東日本

NTT西日本

「goo」

「ビジネスgoo」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR