ジュニパーネットワークス、SSL-VPNアプライアンス「Secure Access」の新製品

エースラッシュ 2005年08月10日 18時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジュニパーネットワークスは8月10日、エンタープライズ向けのSSL-VPNの新製品を販売開始した。価格はオープン。

 「Secure Access」製品群に「Secure Access 700」「Secure Access 2000」「Secure Access 4000」「Secure Access 6000」の4製品を追加した。同社の「Instant Virtual Extranet(IVE)」を搭載し、標準ブラウザ上でSSLセキュリティ・プロトコルを作動させる。そのため、リモート環境やクライアントを新規インストールすることなくリモートアクセスを構築できる。

 企業およびサービス事業者向けに開発した「Secure Access 6000」は、冗長可能なディスクを使い、リアルタイムでデータを複製できる。物理ポートはGBIC。SSL高速化チップやRC4/3DES/AESなど暗号化機能も備える。「Secure Access 4000」はライセンスベースのSSL高速化チップを搭載した企業向け、「Secure Access 2000」はコスト効率のよい中規模事業所向け、アプリケーション制御機能を持つ「Secure Access 700」は中小規模事業所向けという位置付け。

ジュニパーネットワークス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?