BMCソフトウェア、ITIL教育サービスを提供開始

田中好伸(編集部) 2005年08月10日 17時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BMCソフトウェアは8月10日、情報システム運用管理のガイドライン「IT Infrastructure Library(ITIL)」に関する教育サービスを9月から開始することを発表した。2006年3月までに200人の受講者獲得を目指す。

 同社が提供する「ITILエッセンシャルコース」は、ITILの基礎部分から学び、ITILの基礎的資格である「ITILファンデーション」取得を目標にしている。講師は日本クイントが派遣する。日本クイントは、2004年からITILの教育を始めており、これまでに2000人以上がITIL教育を受講している。

 エッセンシャルコースは、個人向けと企業内ユーザーを対象にした団体向けの2種類からなる。個人向けは毎回2日間で、参加費用はテキスト代とテスト代を含めて、1人14万1750円。初回は9月12日から開催。毎月1回開催する予定としている。BMCソフトウェアのウェブサイトから申し込むことができる。

 団体向けは、10人以上から受け付けて、16人までを1クラスとして開催する。参加費用はテキスト代とテスト代を含めて、1人11万5500円。

BMCソフトウェア

ITILエッセンシャルコース(個人向け)申し込み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR