BEA、「WebLogic Server 9.0」を提供開始

Martin LaMonica (CNET News.com) 2005年08月10日 20時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BEA Systemsは米国時間8日、「WebLogic Server 9.0」を提供開始した。

 BEAの製品マーケティング担当バイスプレジエントBill Rothによると、JavaアプリケーションサーバWebLogic Server 9.0では、システムの停止時間を短縮するように設計されているという。例えば新製品では、管理者がクラスタ内で動作しているどのアプリケーションも止めずに、アプリケーションのアップデートを行うことができる。WebLogic Server 9はまた、管理者の作業負担が軽減されるように設計されている。システム管理者は、カスタマイズ可能なポータルを使って、アプリケーションやネットワーク接続の設定を変更することができる。また、複数のタスクを同時に動かすのに向いたJythonベースのスクリプト言語が提供される。低価格のExpress版の価格は1CPUあたり495ドル、WebLogic Advantageの価格は1万ドルであると、Rothは説明する。

 WebLogic Server 9.0はこれまで「Diablo」という開発コード名で呼ばれてきた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR