デル、LAMPスタックを同梱したデュアルコア対応サーバを発表

Michael Singer(CNET News.com) 2005年08月10日 21時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Dellは、Windowsユーザーに対してIntelのデュアルコア・プロセッサ製品を提供したように、Linuxユーザーに対しても同プロセッサを搭載したPowerEdgeサーバ2製品を提供していく計画だ。新製品のタワー型PowerEdge 830とラックマウント型PowerEdge 850には、Linux、Apache、MySQL、PHP/Perl(これらは総称してLAMPと呼ばれる)が同梱されるほか、アプリケーションサーバのJBossもオプションとして提供される。両製品とも9月に発売される予定。

 両サーバ製品とも、Celeron 2.54GHz、Pentium 4、最新のデュアルコア・プロセッサPentium Dの3種類のIntel製チップを搭載可能だ。699ドルで提供されるPowerEdge 830では、オプションでウェブサーバや他の基本アプリケーション向けの設定が行われた状態で出荷される。一方のPowerEdge 850は749ドルで提供され、PCI ExpressやオンボードのデュアルチャネルGigabit NICが搭載される。両製品とも、ワークグループ、リモートオフィス、小規模企業などのユーザーを想定していると、Dellでは説明している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR