NTTデータと応研、会計ソフトと税務申告ソフトのデータ連動で合意

WebBCN (BCN) 2005年08月12日 11時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 応研(原田明治社長)とNTTデータ(浜口友一社長)は、応研の建設業界向け会計ソフト「建設大臣2005」シリーズの財務会計データを、NTTデータの税務申告ソフト「達人シリーズ」と連動させることで合意した。連動を可能にするコンポーネントは、NTTデータの「達人シリーズ」ウェブサイト上で、9月初旬から無償ダウンロードを開始する。

 このコンポーネントを利用することで、「建設大臣2005」シリーズの財務データを「達人シリーズ」へ直接取り込み、申告処理が行えるようになるほか、「達人Plus」を活用すれば電子申告も可能となる。なお、応研とNTTデータでは、建設業界だけでなく、応研の持つ特殊な会計処理を必要とする医療法人・社会福祉法人向けの会計ソフトと「達人シリーズ」との連動も目指している。

NTTデータ

達人シリーズ

応研

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR