BusinessObjects XIにLinux版を追加、Red HatとSUSEでの動作を保証

日川佳三(編集部) 2005年08月12日 16時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BIソフト大手の日本ビジネスオブジェクツは7月20日、仏BusinessObjectsが開発したBI基盤「BusinessObjects XI」のLinux稼動版を出荷した。従来、稼動OSはWindowsと各種RISC Unixに限られていた。今回新たにRed Hat Enterprise LinuxとSUSE LINUX Enterprise Serverを稼動OSに加えた。稼動OSによる価格の違いはない。

 BusinessObjects XIは、個々の業務システムが持つデータを統合化する機能や、業績を分析して可視化する機能などを備えるBIツールである。BIスイートの中に、レポート生成ツールとして歴史のある「Crystal Reports」製品群を含んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR