HP、サイテックスからスーパーワイド・デジタルプリンタ部門を買収

Michael Singer(CNET News.com) 2005年08月13日 19時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Hewlett-Packard(HP)は米国時間11日、2億3000万ドルを費やし、Scitex Visionが保有する資産のほとんどすべてを、同社の親会社であるScitex Corpから獲得することに合意したと発表した。

 この取引は、株主や規制当局からの承認を得た後に成立する。計画通りに進めば、Scitex VisionはHPのイメージング&プリンティング部門に加わることになる。

 Scitex VisionのCEO、Dov Oferをはじめとする同社経営陣もHPに加わり、HPのバイスプレジデントであるEnrique Loresに直属することになると、HPの関係者はCNET News.comに語った。

 イスラエルに本社を置くScitex Visionは、スーパーワイド・デジタルプリンタを専門に手掛ける。Scitex Visionのマシンを使うと、約16フィート(約4.9メートル)もの大判プリントを処理することが可能だ。

 HPのイメージング&プリンティング部門で米国地域のコマーシャルセールス担当バイスプレジデントのRich Raimondiは、今回の買収によってHPの製品ラインに欠けていたものを追加できると述べた。現在、HPのデザインジェットプリンタで処理できるページサイズは、最大でも5フィート(約1.5メートル)である。

 Scitex VisionのXLjet Premiumは、解像度370x740dpiの画像を毎時1335平方フィート(約124平方メートル)の速度でプリントできる。

 「ワイドフォーマット市場は急成長が期待できる分野の1つだ。現在、この分野のプリンティングの17%がデジタル処理されている。われわれは今後5年間でこの数字が2倍になると予想している」とRaimondiは述べた。

 今回の買収理由としてHPは上記のほかに、Scitex Visionがインクジェット技術の研究開発に年間1200万ドルもの資金を費やしていること、1000社もの顧客と取引があること、過去2年で1700台以上の販売実績があることを挙げた。

 HPによると、Scitex Visionは2005会計年度の決算(2005年6月30日締め)で1億4200万ドルの売上を計上したという。Scitex Visionは米国、ベルギー、中国、メキシコ、南アフリカにある子会社に加え、世界75カ国に拠点をもつ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化