マイクロソフトがワーム駆除ツールを公開

Joris Evers(CNET News.com) 2005年08月18日 16時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間17日、この数日間にワームの被害にあったWindowsマシンを修復するための無償ソフトウェアを公開した。

 Zotobワームが登場したのは米国時間14日だが、それ以来Zotobの変種や同じWindowsの脆弱性を突く別のワームが大量に発生し、Windows 2000ユーザーに被害をもたらしている。これらのワームに感染したなかには、CNNやABC、The New York Timesなどのシステムも含まれている。

 MicrosoftのDebby Fry Wilson(セキュリティ対策センター、ディレクター)はインタビューに応じ、同社が駆除プログラムとして「Windows Malicious Software Removal Tool」のアップデート版を提供することを明らかにした。

 「プログラムをクリックすると、自分のPCが感染しているかどうかを教えてくれる」とFry Wilson。「もし感染していた場合には、このツールが自動的にPCからワームを駆除してくれる」(Fry Wilson)

 Windows Malicious Software Removal Toolは、コンピュータ内にある悪質なコードを検出/駆除するためのツールで、ふだんは月例パッチリリース時に最新バージョンがリリースされている。このツールは、Microsoftのウェブサイトから直接起動して使えるほか、Microsoft Download Centerからダウンロードして利用することも可能になっている。

 Microsoftによると、この駆除ツールは、Zotob.AからZotob.Eまでの各種Zotobワームに加え、Bobax.O、Esbot.A、Rbot.MA、Rbot.MB、Rbot.MCの検出/駆除が可能となっている。同社では、調査に基づき既知の全変種をカバーしたとしている。

 「今後も、新しい変種が登場すればその報告の内容を調査し、顧客の必要に応じてツールをアップデートするつもりだ」とMicrosoft関係者は述べている。

 Fry Wilsonによると、Microsoftは引き続き、猛威を振るっているこれらワームの深刻度を「低〜中」と評価しているという。Fry Wilsonはその理由を「感染した顧客の数は比較的少ない」と説明した上で、「しかし、顧客が影響を受けているのなら、現実問題として痛みがあることは確かだ。われわれは数社の顧客と共同で対策にあたっている」と付け加えた。

 最初にZotobが登場したのは14日のことで、15日には消滅に向かうかに見えた。だがその後、いくつかの変種と新しいワームが立て続けに発生し、巧みにコンピュータに感染し始めた。これらのワームはすべて、Windowsにあるプラグアンドプレイにあるセキュリティ欠陥を悪用するもの。これに関して、一部のセキュリティ専門家は、サイバー犯罪者がどれだけたくさんの数のコンピュータを感染させられるかを競っていると考えている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化