JBCC、災害対策およびセキュリティ対策の製品やサービスを拡充

ニューズフロント 2005年08月18日 19時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ビジネスコンピューター(JBCC)は8月18日、災害対策およびセキュリティ対策に向けた製品およびサービスの拡充を発表した。データミラーリングにより災害時の連続稼働を実現するシステム「CustomerVision/High Availability」、地震による振動や衝撃からサーバを保護する「除震装置ISO-Base」、情報漏えいリスクを回避するシンクライアント「Secure Terminal」などを新たに提供する。

 CustomerVision/High Availabilityは、本番機からバックアップ機へのデータバックアップをリアルタイムに行い、災害などでシステム障害が発生した場合にスムーズな連続稼働を実現するシステム。システムダウン時も業務を停止することなく継続できるほか、障害復旧時の作業負荷低減や、メンテナンス停止の最小化といった効果も得られる。価格は200万円で、「高可用性ソリューションのなかでは非常に競争力のある価格設定」(同社)。特に中小/中堅企業向けとして、同システムとサービスをパッケージ化した「災害対策安心パック」も用意する。

 除震装置ISO-Baseは、地震などの強烈な振動や衝撃を除去してコンピュータを保護する。1セットで1360kgという高い耐荷重性を達成し、阪神淡路大震災に相当する振動を除ける。上下振動にも対応している。

 Secure Terminalは、ハードディスクなどの記憶媒体を搭載しないシンクライアント端末。データはサーバのみに保管するため、端末からの情報漏えいリスクを回避できる。IBM zSeries(旧S/390)やiSeries(旧AS/400)のエミュレーションが可能なツール「TermPro」を標準搭載しており、従来のダム端末と同等のホストエミュレーション環境の構築が可能。また、冷却ファンやハードディスクを搭載していないため、電力消費量は一般的なデスクトップPCの5分の1以下で済む。

 さらに、同社はデータセンターサービス「JBCC Internet Data Center」と、システム遠隔監視サービス「システム運用監視サービス」も提供する。

日本ビジネスコンピューターのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化