ゼンリンデータコム、デフォルメ地図作成ソフトをASP販売

エースラッシュ 2005年08月22日 19時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゼンリンデータコムは8月22日、チラシなどに使用するデフォルメ地図(略地図)を数分間で作成できるソフト「AREACUTTER(エリアカッター)」を、8月19日より法人向けにASP形式で販売すると発表した。

 エリアカッターはインターネットを介し、同社の専用サーバに蓄積された全国の地図データを閲覧、任意のエリアの地図を切り抜いて、特殊機能を使いデフォルメ地図を作成できるパソコン用ソフト。作成したデフォルメ地図には印刷許諾が付帯しているため、使用に関して特別な手続きが必要ない。また、SVGをはじめとした多様なファイル形式で保存することもでき、追加加工も可能だ。

 料金体系は、初期費用が1IDあたり3万円(2年間有効)。これに200カット(地図を切り抜いた回数)までの使用料が18万円、500カットまでが42万5,000円など、カット数による使用料金が加算される。同社では大日本印刷において「AREACUTTER」の自社利用および販売を行い、3年後に年間5億円の売上を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!