AMD、ついに悲願達成か--ノートPCの大型納入案件が進行中

Michael Kanellos (CNET News.com) 2005年08月24日 12時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコ発--Advanced Micro Device(AMD)にとって、フォーチュン500リストに名を連ねる大企業に自社製プロセッサ搭載PCを納入することは長年の目標だった。同社はまもなくこの目標を達成することになりそうだ。

 AMDのモバイルビジネス部門マーケティングマネージャBar Mahonyによると、現在、大企業2社が、AMDのTurionプロセッサを搭載するHewlett-Packard(HP)のノートPC「Compaq nx6125」の採用を検討しているという。

 「われわれはFortune 500クラスの複数の企業とノートPCの納入に関する交渉を進めている。この案件は、AMDチップを搭載したノートPCにとって重要な節目となる」(Mahony)

 AMDはまた、サーバ向けのOpteronチップを売り込み、これがライバルのIntelが提供するチップよりパフォーマンスが優れていることをアピールするための広告キャンペーンを開始する。

 今週は、プロセッサ関連のニュースを嫌というほど耳にすることになるだろう。Intelは、米国時間23日からサンフランシスコで開催中の「Intel Developer Conference」で、2006年後半に登場予定の新たなチップアーキテクチャーや、家電用チップの製品ラインを発表している。

 Intelのこのイベントに対抗して、AMDは近隣のホテルでスイートルームを貸し切って説明会を実施したり、Intelのイベントが開かれるMoscone Convention Centerの前で、通行人にAMDの資料を手渡す作戦に出ると予想される。

 AMDにとって、大規模な法人顧客の獲得は長年抱いてきた「かなわぬ夢」だった。AMDのチップは、これまでほとんどが一般ユーザー向けのコンピュータに採用されてきていた。2000年には、主要なPCメーカー各社との間で、法人向けのデスクトップにAthlonチップを採用させる契約を結ぶ寸前までいったこともあった。

 しかし、その後PC市場が大幅に縮小したことから、これらの契約は結ばれずに終わってしまったと、当時CEOだったJerry Sandersは明らかにしていた。

 その後2003年に発売されたサーバ用のOpteronチップは、法人顧客の間で広く受け入れられた。2005年第2四半期のx86サーバチップ市場におけるAMDのシェアは11.2%に達している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化