シマンテック、大企業およびISP向けにスパム対策アプライアンスを発売

ニューズフロント 2005年08月24日 14時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シマンテックは8月24日、スパムメールの流入を減らす大企業やインターネットサービスプロバイダ(ISP)向けセキュリティアプライアンス「Symantec Mail Security 8100シリーズ」を発表した。8月中に販売を開始する。

 同アプライアンスは、TCPレベルでトラフィックを調整し、ネットワーク内に入ってくる電子メール全体の量を抑制する。スパム送信者が攻撃の量や頻度を増加させても、ネットワーク内に入ろうとするスパムの量を抑えられる。その結果、不要な電子メールが企業内ネットワークに入る前に量を減少させ、スパムの攻撃に対抗できる。

 企業内ネットワークに入る電子メールの量を半分以下に抑えるが、正規のビジネスメールは遅滞なく確実に受信できる。「運用管理コストや、ネットワークのボトルネック、メールインフラの費用、ストレージ容量の抑制につながる」(同社)

 1台で、最大75万件のユーザーアカウント、1日3500万通以上のメールを処理できる。複数台をクラスタ化すれば、処理規模の拡張や可用性の向上が可能。

 なお、同アプライアンスは電子メールを1通ずつチェックするフィルタではなく、メールの全体量削減を図る装置である。そこで、「Symantec Mail Security 8200シリーズ」などのスパム対策ゲートウェイソリューションと組み合わせることで、総合的かつ多層的な防御が行える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR