「Kelvir」亜種が出現--言語設定に応じメッセージを使い分ける

Joris Evers(CNET News.com) 2005年08月25日 09時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftのインスタントメッセージ(IM)ソフト「MSN Messenger」を使って感染を拡大するワームが出現した。このワームは、ユーザーに母国語で話しかけてくると、セキュリティ専門家は警告を発する。

 セキュリティベンダーAkonix Systemsの製品マーケティングディレクターDavid Jarosが米国時間24日に明らかにしたところによると、「Kelvir.HI」ワームは、 攻撃対象ごとに言語を使い分けるという。同ワームは、英語、オランダ語、フランス語、ドイツ語、ギリシャ語、イタリア語、ポルトガル語、スウェーデン語、スペイン語、トルコ語のメッセージを送信すると、Jarosは述べる。

 「(Kelvir.HIは)Windowsクライアントの言語設定をチェックするようだ。システムの言語設定に応じてメッセージを使い分けるワームは、今回が初めてだ」(Jaros)

 攻撃対象となったマシンの言語設定が英語の場合、ワームは「haha i found your picture!(君の面白い写真を見つけたよ)というメッセージを送信する。メッセージは、MSN Messengerに登録されているすべてのアドレスに送信される。Jarosによると、メッセージ内のリンクをクリックすると、PCにバックドアを設置する悪質なソフトウェアがダウンロードされ、さらに他のマシンへと感染を広めるという。

 同ワームは2月に出現したKelvirの亜種である。現在、Kelvirには103種類の亜種が存在すると、Akonixは述べる。

 Symantecの勧告によると、同ワームはMicrosoftのMSN Messenger経由で感染し、Windows 2000/Windows 95/Windows 98/Windows Me/Windows NT/Windows XPおよびWindows Server 2003が動作するコンピュータに影響するという。

 Jarosは、複数の言語を使いこなすKelvirが出現したことについて、ウイルス開発者がさらに工夫を凝らし、国際的な規模で攻撃対象を探していることが分かると、語っている。

 「攻撃者は、英語圏だけでなくさまざまな言語圏のユーザーを狙っている。今後ますます多くのワームがターゲットを拡大していくだろう」(Jaros)

 Akonixによると、IMやPtoPシステムを狙ったセキュリティ脅威が拡大しているという。攻撃者は、攻撃の頻度が増やすだけでなく、セキュリティ対策を回避するための工夫を重ねていると、同社は述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化