NECシステム建設、共有スペースから社内情報へアクセスできるシステム

WebBCN(BCN) 2005年08月25日 10時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECシステム建設(馬場征彦社長)は、会議室などの共有スペースから社内情報へアクセスできる「セキュアシームレスLAN−共有スペース導入パック」を発売した。

 フリーアドレス制オフィスなどで不正アクセスや情報漏えいの防止などのセキュリティを保ちながらネットワーク環境の構築を行うもの。より簡単・安価に導入できるよう、IEEE 802.1X認証スイッチとIEEE 802.1X認証サーバー、無線LANスイッチ(ワイヤレスコントローラ)、無線LANアクセスポイント、アクセスポイントACアダプタ、システム・インテグレート費や工事費などをパックにした。

 IEEE 802.1X認証されたPCのみ接続を許可し、外部からの侵入や持ち込みPCなどによる不正接続を防御できる。また、既設のハブを交換するだけなので、ネットワーク環境を大幅に変更することなく導入できる。

NECシステム建設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR