IBM、開発ツールセット「Workplace Designer 2.5」をリリース

Matt Hines(CNET News.com) 2005年08月25日 11時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間24日、同社の「Workplace」ソフトウェアの新たな開発ツールセットをリリースした。これによりIBMは、顧客やパートナーが複合アプリケーションを同コラボレーションパッケージに組み入れるのを支援していく意向だ。

 「IBM Workplace Designer 2.5」と称される同製品は、Eclipse標準に基づくもので、Workplaceに複合アプリケーションを組み込むのをより容易にする。

 企業は同製品を利用することで、例えば、自社のビジネスプロセスに特化したプロジェクト管理アプリケーションをWorkplaceに追加することができるとIBMは述べている。

 IBMのLotus Software部門アプリケーション開発ツール担当ディレクターJim Russellは、「企業におけるチームなどの業績向上を目指してWorkplaceに搭載された新たな機能のうち、重要なものとしては、作業環境の効率を向上させる複合アプリケーションの開発技術が挙げられる。この技術が、コラボレーションを推進するのに必要なツールの開発を実現するので、結果的に高い生産性が生まれる」と話す。

 Workplace Designerの新パッケージには、ビジュアル開発環境における既定のフォームおよびスクリプトが含まれている。これらは、ドラッグ&ドロップで作業を進められるインターフェースを用いて、複合アプリケーションを開発するのに役立つという。IBMはまた、開発者がみずからのツールを作製する際に流用できるよう、コラボレーション用コンポーネントのサンプルも多数用意している。

 同パッケージに搭載されたその他のコンポーネントには、ブログプログラムやプロジェクト管理、コンタクトマネジメントリスト、またWorkplaceの既存機能に関する掲示板を追加するためのツールなどがある。さらに、IBMの「Lotus Domino」アプリケーションのフォームを、新しいWorkplaceアプリケーションを開発するためにインポートすることも可能になっている。

 IBMによれば、提供が開始された6月以来、2000人以上の開発者が同開発パッケージのベータ版にアクセスしたという。

 「今回のリリースの目的は、こうした複合アプリケーションにプラグインするコンポーネントを開発しやすくするということだ。IBMのパートナーや顧客は、より迅速かつ効率的に、作業環境における独自のコラボレーションを向上させられるようになる」(Russell)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR