「最悪の状況は脱した。後は成長していくだけだ」--サン、新年度の事業戦略を発表

田中好伸(編集部) 2005年08月25日 19時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サン・マイクロシステムズは8月25日、7月から始まった新年度の事業戦略概要を発表した。その中で、AMDと共同開発している次世代x86系チップ(コードネームはGalaxy)を9月にも発表することを明らかにした。

 サン・マイクロシステムズは2006年中に新しいSPARC系チップ(コードネームはNiagara)を搭載したサーバを出荷する予定だが、当面はx86系サーバとSPARC系サーバの両方を並存させていくとしている。ダン・ミラー社長はGalaxyとNiagaraの違いに触れ「Galaxyはシングルスレッドで処理するものであり、単純な計算に強い。

ダン・ミラー社長
対するNiagaraはマルチスレッドで処理が得意であり、ネットワーク関連のサーバで強みを発揮できる」として、SPARC系とx86系を並存させる意義を強調した。

 事業戦略では、業界ごとに、エンドユーザー向け営業とシステム・インテグレータなどの代理店向け営業が共同で提供していくとした。注力する業界は、通信・メディア、官公庁、製造業、金融、教育、小売業の6つ。また商材として、64ビット・サーバ、レガシー・マイグレーション、シンクライアント「Sun Ray」、外部記憶装置(ストレージ)、グリッド・コンピューティング、「Sun Java」関連ソフトウェア、基本ソフト(OS)のSolaris 10に注力していく。

ロバート・B・マクリッチ・エグゼクティブ・バイスプレジデン

 米Sun Microsystemsのロバート・B・マクリッチ(Robert B. MacRitchie)エグゼクティブ・バイスプレジデントは、これまでに組織変更を行ったことを説明した。従来は北米、アジアなど地域別に統括していたが、現在は地域ごとへ権限を委譲して、それぞれの地域の需要に合った戦略を進めているという。日本の業績についてミラー社長は「売上高は最盛期の50%になっている。だが最悪の状況はすでに脱した。これからは成長していくだけだ」と説明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化