日本HP、水漏れや落下などの事故にも対応した拡張保守特約サービスを開始

エースラッシュ 2005年08月26日 22時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本HPは8月26日、不慮の事故でモバイル機器が故障した場合に修理や交換を行う拡張保守特約「HP Care Pack アクシデントサポート」を、本日よりHP Directplusオンラインストアにて発売開始した。

 今回発売される「HP Care Pack アクシデントサポート」は、ノートブックPCやPDAなどのモバイル機器が不慮の事故で故障した場合に、修理や交換をしてくれる拡張保守特約サービスだ。従来の保守契約では別途修理費用が必要だった水漏れ/落下/衝撃/電圧異常等の偶発的な事故が原因でも、サポート対象となるのが大きな特徴といえる。ただし、火災/盗難/紛失/通常の損耗/意図的な損害、製品に対する何らかの変更や修正、機能や性能に影響を与えない程の傷、地震や水害などの自然災害をはじめ、同社がアクシデントサポートの範囲外と判断するものに関しては適応されない。

 サービスは基本となる3年もしくは4年のサポート延長契約に、自損事故を対象としたサポートの拡張特約がセットで提供される。価格は「HP Care Pack ハードウェアオフサイト クーリエ(引き取り)アクシデントサポート」が税込1万6380円から(機種により異なる)、「HP Care Pack ハードウェアオフサイト センドバック アクシデントサポート」が税込1万5120円となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR