レッドハット、プロックスのレンタルサーバサービスにRHELを提供

ニューズフロント 2005年08月29日 14時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドハットとプロックスシステムデザインは8月29日、ホスティング事業で提携すると発表した。これにより、プロックスは同社の専用レンタルサーバサービスにRed Hat Enterprise Linuxを(RHEL)を標準採用する。

 これまでプロックスの専用レンタルサーバサービスでは、Fedora Coreなどの無償OSを採用していた。「ミッションクリティカルな業務に耐えうる安定性、セキュリティの向上、長期メンテナンスの提供を契約企業から強く求められていたため、レッドハットとのホスティングパートナー契約締結に踏み切った」(両社)。

 新規ユーザーは、追加料金を支払うことなくRHEL ESの利用が可能。バージョンは、最新のRHEL4から旧バージョンのRHEL2.1、同3までを、要望に合わせて選べる。ある一定の条件を満たす既存のユーザーにもRHELへの移行プログラムを用意しており、同等のサービスを提供する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!