日立情報、中小企業向けERP「Web天成」を日立製ミドルウェア「Cosminexus」対応に

ニューズフロント 2005年08月29日 14時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立情報システムズは8月29日、中小企業向け統合業務パッケージ「Web天成」を、日立製作所のEビジネスシステム基盤ミドルウェア「Cosminexus」の最新版に対応させたと発表した。稼動環境を増やすことでWeb天成の新規顧客の獲得につなげるのが狙い。

 Web天成は、卸売業向けERPパッケージ「天商」と製造業向けERPパッケージ「天成」を組み合わせ、機能統合/強化した製品である。情報の共有や一元管理などにより、業務負担を軽減し、経営資源の有効活用および効率化が図れる。

 Cosminexusに対応したことで、信頼性が向上する。さらに、帳票業務効率化とペーパーレス化を実現する「電子フォームワークフローセット」など、Cosminexus対応ソフトとの連携も可能になる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?