MSのセキュリティビジョンは「Windows Vista」で実現されるか

Joris Evers(CNET News.com) 2005年08月30日 12時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、「Windows Vista」においてハードウェアベースのセキュリティをサポートしていくと明言しているが、同オペレーティングシステムに組み込まれる技術は、同社が以前計画していたプランのうちのわずかになりそうだ。

 Microsoftは3年前、「Palladium」と呼ばれる技術を発表したが、他社が同名称の使用権を主張し、プライバシーと公正使用を巡る問題が勃発したことから、同社はこれを「Next-Generation Secure Computing Base(NGSCB)」と改名した。この技術は、Windowsの次期リリースに含まれる予定だった。

 NGSCBは、コンピュータの一部をウイルスやワームといった悪質なコードから隔離するハードウェアおよびソフトウェアを利用して、PCセキュリティを向上させる技術だ。また、PCのハードウェアコンポーネント間を移動する際にデータを暗号化することで、ロギングデバイスを用いた攻撃を防ぐとされていた。NGSCBを利用するには、ハードウェア/ソフトウェアに大幅な変更を加える必要があった。

 2004年5月、ソフトウェアメーカーからの批判を受けたMicrosoftは、アプリケーションをコーディングし直さなくてもNGSCBの複数の利点を活用できるよう、同技術を修正していると述べていた。以来Microsoftは、同計画に関して沈黙を守ってきたが、NGSCBは消滅したわけではないと主張している。ただし、同技術の一般リリース時期はまだ決定していないと、同社のウェブサイトには記載されている。

 Microsoftは現在、ハードウェアおよびソフトウェアメーカーに対し、「同社初」のハードウェアベースセキュリティ計画とされる、Windows Vistaの「Secure Startup」について盛んにアピールしている。以前は「Longhorn」のコードネームで呼ばれていたVistaはクライアント用次期Windowsで、2006年の年末商戦期に合わせた出荷が予定されている。

 Secure Startupは主に、ラップトップを盗んだ者や権限のない利用者が、コンピュータに物理的にアクセスしてシステム上のデータを閲覧するのを防ぐためのものだ。FBIのComputer Security Instituteが2005年1月に実施した調査では、全企業の約半数がラップトップの盗難を経験しており、その被害額は410万ドルに上るという結果が出ている。

 MicrosoftのテクニカルエバンゲリストStephen Heilは、サンフランシスコで先週開催されたIntel Developer Forumにおいて、「Secure Startupの最大の目的は、攻撃者がソフトウェアツールを使用して、ハードドライブに保管している情報を取得するのを防ぐことだ」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化