NTTアイティ、次世代光ディスクに対応した大容量ネットワークストレージシステム

エースラッシュ 2005年08月30日 18時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTアイティは8月30日、次世代光ディスクに対応した大容量ネットワークストレージシステム「ZFS/NAS」を9月1日より発売すると発表した。

 NASサーバと光ディスクから構成される。一次記憶装置となるHDDと二次記憶装置となる光ディスクストレージを一体として仮想ボリュームを作成するファイルサーバソフトウェア「ZFS」によって、HDDと同様に扱うことができる。書き込みデータや、利用頻度の高い書き込み済みデータはHDDに一時的に蓄積されるため、ファイルの書き込みや、利用頻度の高いファイルの読み出しにおいてはHDDと同等のアクセス性能が得られるとしている。

 消費電力は全ストレージ容量をRAIDシステムで構成した場合と比べると、約3分の1に低減できる。また、青紫色レーザーを使った業務用の次世代光ディスクに対応する。

 価格は359万1000円からとなっており、NASサーバの内蔵HDDは160Gバイト×4(RAID5+スペア時容量320Gバイト)、対応クライアントはWindows/Linux/UNIX/Macintosh(OS X以降)、対応ファイルプロトコルはCIFS/NFS/HTTP/FTPとなっている。また光ディスクライブラリは青紫色レーザー対応がアサカ製/クボタコンプス製/ソニー製、赤色レーザー対応がアサカ製/クボタコンプス製となっている。同社では「ZFS/NAS」の売上目標を年間100セットとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR