日本HP、サーバ、ストレージの統一管理ソフトを発表

ニューズフロント 2005年08月31日 14時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は8月31日、大規模システム向けストレージ統合管理ソフトウェア「HP Storage Essentials Enterprise Edition v5.0」の販売を開始した。「HP OpenView Storage Area Manager」の後継製品に相当し、ハード統合管理プラットフォームの新版「HP Systems Insight Manager(SIM)5.0」と連携する。税込み価格は504万円から。10月中旬に出荷を開始する。

 Storage Essentialsは、HP SIMの管理画面を利用することで、単一コンソールでサーバとストレージ全体を管理できる。Microsoft Windowsベースの管理サーバ上で稼働し、ウェブブラウザ経由で各種機能を利用する。

 他社製ストレージへの対応を強化しており、業界標準のストレージ管理プロトコルであるSMI-Sに準拠した製品であれば管理できる。単体のストレージ装置だけでなく、SANを構成する各社のディスクアレイやテープライブラリ、NAS、SANスイッチ、HBA(ホストバスアダプタ)なども管理対象となる。「複数ベンダーのストレージ装置が混在する複雑なSAN環境の管理に適していて、大企業におけるIT環境の統合的な管理に使える」(同社)

 SIMは、サーバを統一管理するためのソフト基盤。新版の5.0ではとストレージの管理機能を追加し、サーバとストレージの両方を一元管理できるようにした。日本HPによると、サーバとストレージを統一管理できるのは「業界初」という。「ProLiant」「Integrity」「BladeSystem」といった同社製サーバと、「StorageWorks MSA」「EVA」「XP」などの大規模システム向けストレージ製品の管理ができる。

 HP SIM 5.0は同社のウェブサイトから無料でダウンロードできる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR