日本IBMと住商情報、リード・レックスの3社、中堅企業向けERP分野で協業開始

ニューズフロント 2005年08月31日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBM、住商情報システム、リード・レックスの3社は8月31日、中堅企業向けのERPパッケージおよび生産管理システム分野で協業を開始した。ERPプラットフォームとして「IBM DB2 Universal Database(DB2 UDB)」、「WebSphere Application Server(WAS)」を採用し、各社製品のシームレスな連携を実現する。さらに、サービスおよびサポートでも協力する体制を確立する。

 この協業にともない、住商情報システムは会計系ERPパッケージ「ProActive E2」について、「DB2 UDB、WAS対応版」の出荷を同日より開始した。これにより、すでにDB2 UDB、WAS対応済みとなっているリード・レックスの生産管理システム「R-PiCS V3 Linux」とのデータ連係が可能になった。

 いずれか一方のシステムを導入している顧客は、もう一方のシステムを容易に導入できる。また、両システムを導入するとデータの一元管理が可能となり、データの再入力が不要となる。「再入力に伴う入力ミスが減り、会計業務の負荷軽減、決算の早期化が実現する」(3社)

 ProActive E2とR-PiCSをセット導入する場合、ライセンス価格は約2000万円から。3社は初年度50サイトへの販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR