インテリシンク、Symbian OSに対応したデータ同期基盤の新版を発表

ニューズフロント 2005年08月31日 15時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インテリシンクは8月31日、データ同期プラットフォームの新版「Intellisync Mobile Suite 6.4J」を発表し、対応サーバソフトとクライアントソフトを発表した。サーバソフトは同日から、各種携帯電話端末向けのクライアントソフトは9月から10月にかけて順次出荷する。

 NTTドコモのFOMA M1000やボーダフォンの702NKなどSymbian OSベースの携帯電話端末とデータを同期できるようにした。同社によると、Symbian OS対応は国内初という。

 サーバソフトには、モバイル機器からクライアントソフトを直接ダウンロードしてセットアップできるOver The Air(OTA)インストール機能を搭載した。この機能により、インストール時に中継用PCが不要となり、管理者の負担が軽減する。

 さらに、モバイル機器の紛失や盗難時などは、遠隔地からデータを消去できる。データの復旧作業も、OTAインストール機能によりPCを使わずネットワーク経由で行える。

 クライアントソフトの対応端末/環境と出荷開始時期は以下の通り。

  • ボーダフォン702NK:9月15日
  • ドコモM1000:9月30日
  • ドコモ DoJa(iアプリ):9月30日
  • ボーダフォン J2ME(Vアプリ):10月31日

 また、同社によればKDDIのau BREW(EZアプリ)環境向けのクライアントソフトの開発も進めているとのことだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR