アラジンジャパン、著作権侵害からソフトを保護するシステムとサービス

WebBCN (BCN) 2005年09月02日 12時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アラジンジャパン(小坂 優社長)は、ソフトウェアプロテクションシステ ム「HASP SL」の販売、および同製品を利用したプロテクションホスティング サービス「HASP Online」を開始した。

 「HASP SL」は、違法コピーや不正使用といった著作権侵害からWindowsアプ リケーションを保護するDRM(Digital Rights Management:デジタル著作権管 理)製品で、認証用のサーバーコンポーネントとプロテクト用のクライアント ツールから構成される。

 クライアントツールを利用してプロテクトしたソフトは、CD媒体やESD(電 子ソフトウェア配布)経由などあらゆる販売チャネルから配布可能。ソフトを 購入したエンドユーザーが、インターネット経由でアクティベーション(アン ロック)認証を行う。

 従来のDRM製品「HASP HL」がハードウェアキーによるソリューションである のに対して、「HASP SL」はインターネットを介したソリューション。デバイ スフリーであるため、ソフト製品単価にかかるプロテクションコストを大幅に 引き下げることができる。

 なお、「HASP SL」でのプロテクションを行うためには、サーバーを構築す る必要があるが、ソフトウェアベンダーやサービスプロバイダーがコストを抑 えて容易に導入できるよう、認証サーバーの運用は同社内で行い、ホスティン グサービスとして「HASP Online」を提供する。

 「HASP Online」では、アラジンのサーバーに登録し、GUIツールでプロテク トするだけで、シンプル・ローコストなソフトウェアプロテクション&ディス トリビューションを実現できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR