サン・マイクロシステムズ、ストレージテックの買収を完了

Stephen Shankland(CNET News.com) 2005年09月02日 17時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sun MicrosystemsがStorageTekの買収手続きを完了した。Sunは41億ドルを投じた今回の買収により、成長の見込まれる新たな製品ラインと、ストレージ製品の大規模な営業部隊を拡充できたとしている。

 StorageTekの株主が米国時間8月30日に買収を承認したことを受け、Sunは31日に買収手続きが完了したと発表した。Sun MicrosystemsはStorageTekを41億ドルで買収したが、StorageTekは約10億ドルの現金を保有しているので、実質的な買収金額は30億ドルになる。

 Sunは、製品ポートフォリオを充実させ、新たな収入源を確保するために、複数の企業を買収している。StorageTekは、前四半期(7月1日締め)に、5億4900万ドルの売上と3120万ドルの純利益を計上した。

 一部のアナリストは、SunによるStorageTekの買収効果に懐疑的な見方を示している。しかし、Sunの最高経営責任者(CEO)Scott McNealyは、今回の買収がストレージ製品を扱う営業部隊の強化や新規顧客との信頼性確立に貢献するほか、製品ラインの拡充、収益増大につながると強調している。

 StorageTek製品は、エグゼクティブバイスプレジデントMark Canepaが率いるSunのData Management Group(前Network Storage Group)で取り扱われる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR