アルプス社、最新地図ソフトが利用可能な地図アプリケーション開発キット

WebBCN (BCN) 2005年09月05日 11時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アルプス社(池上充宏COO)は、業務用の地図アプリケーションを独自に開 発するためのキット「ProAtlas SDK(プロアトラス エスディーケー)」2タイ トルを9月28日に発売する。

 電子地図ソフト「プロアトラス」シリーズのWindoows最新版「プロアトラス SV」を利用し、不動産物件やタクシーなど、さまざまな位置情報、移動体情報 を地図上に展開、情報分析を実現する業務アプリケーションを開発することが できる。

 「プロアトラスSV」をクライアントデータに使用できるため、低価格で容易 に導入できる。また、開発したアプリケーションは、開発者の著作物として自 由に再頒布できるため、クライアントサーバーなどのPC環境における地理シス テム構築のトータルコストを抑えることができる。

 主な特徴は、(1)多層構造を採用し従来よりも容易なシステム開発が可能、 (2)スーパーベクトル地図をコントロール可能、(3)整備縮尺1/2500の家形入 り詳細地図をコントロール可能、(4)新機能「そこどこインターフェイス」 「ルート検索インターフェイス」を追加――など。

 価格は、フル機能搭載の通常版「ProAtlas SDK」が84万円、新機能「そこど こインターフェイス」と「ルート検索インターフェイス」機能が未実装の「Pr oAtlas SDK Lite」が52万5000円。なお、9月1日−27日までに申し込んだ人を 対象に、特別価格で購入できるキャンペーンを実施している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR