住商情報、日本オラクルの開発キットでERPパッケージ「ProActive」をXBRL対応に

ニューズフロント 2005年09月06日 17時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 住商情報システムと日本オラクルは9月6日、財務情報データ向け標準仕様であるeXtensible Business Reporting Language(XBRL)に対応したERPパッケージソフト「ProActive」を発表した。住商情報システムは、日本オラクルが無償提供する開発キット「XBRL Report」を使用し、ProActiveのXBRL対応を行った。

 XBRLは財務情報などの業務データを記述するためのXMLベースの言語で、American Institute of Certified Public Accountants傘下のXBRL Internationalという組織が中心となって策定した。国内では、国税庁が2004年2月に開始した電子申告で採用するなど、利用が広まっている。

 XBRL Reportは、オラクルデータベース内の財務データをXBRL形式に変換して出力する機能を実現するため、日本オラクルが独立系ソフトベンダー(ISV)などに提供している開発キット。このキットを用いると、財務管理アプリケーション固有の財務項目をXBRLの該当項目に対応付けるだけで、標準化されたXBRL形式の財務帳票に自動出力できるようになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR